スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

いつかは会える…



               まりちゃんの命日の前日に書いて記事にたくさんコメントを頂き
               ありがとうございました

               お友達の心の中に、まだまりちゃんがいてくれたことを改めて知り
               とても嬉しく思いました
               まりもきっと遠い空の下で喜んでいると思います



               実はあの記事を書いた直後に伯母の訃報を受けました
               伯母は母の姉で88歳でした
               実はまりが無くなる数か月前に
               その伯母の次女であり、私の9歳年上の従姉が不慮の事故で亡くなっています


               従姉は意識不明のまま高度救命救急センターに運ばれました
               そして、人工呼吸器と延命治療により一週間頑張りましたが
               伯母や夫や彼女の姉の決断で呼吸器を外して
               そして、思いがけず自発呼吸を再開したものの
               三日後に伯母を残して旅立ちました


               伯母はとても気丈な女性で悲しみや辛さをあらわさない強い人でした
               幼い頃、母から愛されてないと思い込んでいた私にたくさんの愛情をくれた伯母
               はっきりとものを言い、おせっかいで口うるさい一面もあるのだけれど
               親戚にとってのゴッドマザーだったおばちゃん…
               なんだか太陽が沈んでしまったように感じます


               こうして振り返ると
               一年数か月の間に従姉、愛犬、友人、また弟のお嫁さんの実父さん
               さらには、親友の母… そして伯母の死
               たくさんの人がワタシの周りから旅立ってしまいました


               私自身も半世紀を生きることが出来ましたが
               これから先、どうなるのかしら?
               いくつまで生きることが出来るのかも分からないけれど
               これから残りの人生をもっと大切なものにしたいなと感じるようになりました


               人を憎んだり、羨んだり、物を欲しがったり
               やはり自分の事や家族のコトを一番に思ってしまうのですが
               このままの私で生きていたら…
               人生勿体ないような気がします


               そんなことを考えながら葬儀から帰ってきました
               残りの人生
               自分自身が召されるときに、悔いのないように
               これから考えたいと思います

               母も次は自分の番だと言ってます
               父も同じく、次は自分の番だと…
               どんなに愛しい人でも、こうして必ず別れの時は来るのデスネ
               父母にはどんな風に見送って欲しいのか
               そんなことも話しておきたいと思いました
               自分自身が万が一の時にも、こうしてほしい…というコト
               これから書き残して行こうかなとも思っています


               そんなわけでブログの更新出来ませんでしたが、
               私もまりちゃんがお空にいることを
               受け止めることが出来るようになってきましたので
               皆さん、更新なかったからって心配なさらないでくださいネ


               葬儀とテスト期間も重なって訪問が出来ていませんがお許しください
               まりちゃんの一周忌を前に頂いた皆さんののコメント、本当に嬉しかったデス
               ありがとうございました


               にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
               にほんブログ村
               虹の橋のたもとで、いつかは会えるネ
               そして、天国は知り合いでいっぱいになってくるから怖くないのかな?
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつかはかならず来るお別れ‥‥

いつかは、かならず来るお別れ‥‥
でも、それは虹の橋や天国での再会!
と思いたいですね‥‥
日々、いろんなことに流されますが‥‥
できるだけ淡々と、そして大切に過ごしたいですね‥‥

そうですねお別れは、悲しいですね。

いつかは、お別れが来るのですね~シクシク
年とともに親しい人やペットがが天国や虹の橋に行ってしまうのは・・

でも~新しい命が、生まれて居るのですから~♪
生まれ変わりを信じていつか会えると思っていましょう。

No title

いつかはお別れがやってきますよね。
りょうがそうなったとき私は受け止めるようになれるかしら。
パールどん父さんの様に生まれ変わりを信じるしかないのかな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

Author:サタネラ☆・゜(まりちゃんママ)
子育ても卒業して今は可愛いマルチーズに夢中です。
趣味はバレエ鑑賞・読書・映画鑑賞
ブログを初めてカメラという新しい趣味も出来ました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。