スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

その朝のまり

               まりちゃんがお空へ旅立ってもう一週間がすぎました
               ただただ涙がこぼれた毎日でした
               なぜまりはここにいないのだろう?ってそればっかり思ってました
               はるがいるのに…
               碧もいるのに…
               やっぱりまりの温もりが忘れられません
               

               手が空くと自分のブログを開いてまりに会いに行ってます               

               2歳2か月までは一人っ子で大事に大事に育てまりちゃんです


               IMG_1291_convert_20100527080805.jpg



               家族しかいなければ吠えることもなく甘えん坊で優しい子
               はるを迎えてからはしばらく困った様子だったけれど…
                    

          IMG_0889_convert_20100521005301.jpg




               こんな風に優しい眼差しでは~ちゃんのいたずらを見てました



          IMG_0900_convert_20100521010345.jpg





               大人になった娘達からあまり相手にされなくなったパパを
               思いっきり”大好き~!”って喜ばしてくれたり…


               IMG_0780_convert_20100515224204.jpg





               ”パパ、ナデナデしてくらたい~”って甘えてくれたから
               パパもまりちゃんがお空に逝くときは
               大粒の涙をこぼして泣いていたよ
               また生まれ変わってお家に戻ってきなさい!って言っていたよ


                  IMG_0779_convert_20100515224407.jpg





               はじけるような笑顔のまりとトレーナーさんです
               まりちゃんの笑顔…ママ大好きだよ



               IMG_1308_convert_20100526123446.jpg





               後ろにいるママの声かけに振り向いてくれたその笑顔
               とってもとってもカワイイから写真の中に今すぐ入って
               ぎゅ~~~~って抱きしめたいよ…まりちゃん


               IMG_1299_convert_20100526122604とんねる



               大切な大切なたったひとつしかないまりちゃんの命
               お空に昇らせてしまってごめんなさい

 
               ここからまりちゃんが亡くなった朝を振り返ります
               ストレートに書きますので、辛い方は読まないでネ
               もしかしたらまりちゃん死ななくても済んだのはないかという思い…
               窒息だったかもと思うと防げたのではないかとどうしても思ってしまうので
               その時のコトを書いておこうと思います              


               その朝、帰国しているムーマさんの歓迎オフ会があるから
               いつもより早く起床したワタシ…
               とっても静かに寝ているワンたちの毛布をめくって
               最初に目に飛び込んできたのが、汗まみれでびしょびしょのまりちゃんでした
               もうその瞬間、まりちゃんは死んでしまっているとわかる様子をしてました

               空をかくような四肢
               開いた口からは黄色い液体
               固い糞と柔らかい大量の便
               目はしっかりと開いたままでした
               ちょっと触ると汗で濡れているというよりは
               粘液質の体液が体中から噴き出して
               ポマードを塗ったかのように被毛がぱりぱりになっていました

               なぜ窒息だと思ったかというと…
               その苦しみぬいた様子と舌が真っ青だったこと
               それからピンク色で透明だった爪が紫色に変色していたからです
               お医者様で検死をしてもらったわけではないので窒息しと断言はできませんが
               どんなにか苦しかった事だろうということだけははっきりとわかりました


               そのあとは、どうしようどうしよう、どうしよう…しか浮かばなくて
               長女と主人に助けを求めたように記憶しています


               すっかり姿かたちが変わってしまったまり
               これは何かの間違いだ、間違いだ
               どうしよう、どうしよう…
               だけど、まりちゃんはもう固くなってる…
               どうしようどうしよう…


               主人と長女がクレートからまりを出して段ボール箱に収めてくれたのだけど
               その後しばらくは呆然として、オフ会の欠席の連絡を入れて、また呆然


               それから、そんな風に変わってしまったまりちゃんを見るのが怖くて怖くて…
               しばらくはまりを見ることが出来なかった
               その後数時間たってから
               ”このままでまりちゃんをお空へ送るわけにはいかない”
                あんなに汗まみれのまま、うんちもついたまま送るなんて出来ない”
               そんな思いがむくむくと湧いてきて
               箱に横たわっているまりを初めてしっかりと見ました

               
               その思いが強かったから、いつもと違うまりちゃんでも
               全然怖いとか思わなかった
               家族から、体が痛んじゃうからやめなさいって言われても
               絶対にママがきれいにしてあげるっていう思いだけが私を動かしてました

               
               いつものシャンプーで体を洗うとふんわりとした感じに戻りました
               口の周りも、おしりの周りもきれいにきれいにしてあげて
               リンスでとってもいい香りになったまりちゃんをそっと椅子に寝かせて
               タオルとドライヤーで乾かします

               死んじゃってもね…やっぱり冷たい水や風を使うなんて出来なかった
               まりちゃんが冷たい思いをするなんて耐えられないもん


               そうしていつのもふわふわ真っ白のまりちゃんになってから
               たくさんお花を周りに飾ってそっと休ませました

               
               まりちゃん…これでお空でナナちゃんに会っても恥ずかしくないネ
               ふわふわでいい匂いで気持ちいいでしょう~?
               そんな風にまりに声をかけたら心なしか笑ってくれたようにも思いました
               そして、不思議な事に開いて閉じなかったお口がいつの間にか閉じていて
               お目目は開いたままだったけれど、
               まだ生きているような微笑んだお顔になりました

               旅立つ前にはまりちゃんおお手手に紙に包んだフードを持たせて
               枕元には私とはると海と碧の写真を入れました




               前日まで元気だったまりちゃんがなぜ亡くなってしまったのか…
               考えてもどうしようもないのは分かっているけれど
               だけど、少し考えてみないといけない事があるのです
               クレートに寝かせていなかったおう吐して詰まらせても
               吐き出せたのではないか…とどうしても思ってしまうのです

               前の日は少し咳も出ていました
               まりちゃんには気管虚脱の病気が疑われていましたから
               もしかしたらその病気が関係したのかもしれません

               寝る前クレートに誘導する時にフードを少し入れてあげるので
               それを夜中に食べて気管支に詰まらせてしまったのかな?とも思います

               前から時々物をのどに詰まらせることがありました
               その時は四つん這いになって背中を丸めて、咳き込んで出してましたので
               その姿勢を取るにはクレートでは難しいと思うのです

               扉を外して閉めなければ良かったのかな?
               サークルで寝かす方が良かったのだろうか?
               私がリビングで一緒に寝てあげてれば気づいてあげられたのに…

               そんな後悔をしてももうまりちゃんは戻ってこれないけれど
               はると碧が同じ思いをしないように
               安心して休める環境を整えてあげたいので考えようと思います
               もし、クレートの扉を閉めて外出したり
               我が家のように休ませていらっしゃる方がいらっしゃるなら
               こんなケースもあるのだとちょっと心に入れておいてくださると嬉しいです


               まりちゃん…はると碧が怖い思いをしないように気を付けるからネ
               それしかママには出来ないけど許してね
               まりちゃん、ママの夢にも出てきてちょうだい
               会いたくて会いたくてたまらないよ まり

             

     IMG_1814_convert_20120212231620.jpg

                    まりと碧 

                    にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
                    にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ママさん!立派です。

まりちゃんが逝って一週間!
まりちゃんママさん!立派です。
ラッキーパパなら,まだまだ,戸惑っていると思います。
まりちゃんが逝ったときの記録!
とても参考になりました。
ラッキーも,今年で14歳になります。
何が起こっても,おかしくありません。
そういう意味では,まりちゃんのことが,
まったく人ごとではありません。
そして,まりちゃんの記録は,ラッキーだけでなく,
多くの人にとって,とても参考になると思います。
つらい時期なのに‥‥
ほんとうにありがとうございます。
まりちゃんも,空の上で,よろこんでいると思います。
そして,千の風にのって,ママさんのそばに来てくれると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして、
『マルチーズ ミルクとの生活』というブログを書いているミルクままといいます。
この度は・・・まりちゃんのご冥福を心からお悔み申し上げます。

私も2月2日・・・
私の不注意で、ココアという2歳のマルチーズの女の子を事故で亡くしてしまいました。
もう凄く辛くて・・・辛くて・・・毎日泣いて・・・
いろんな事への後悔で・・・いっぱい自分を責めました。
今もまだ・・・ブログを再開することができません・・・
ココアの写真も見る事も出来ずにいます・・・

やっとパソコンを開ける事が出来るようになり・・・
まりちゃんの記事を見つけ・・・ビックリしました。
時々読み逃げばかりさせてもらっていた・・・『まりちゃんちに春がきた』のまりちゃんが・・・
涙が止まりませんでした・・・それでいて、怖くなって・・・
ココアの事故も思い出したりして・・・

でもまりちゃんママさんは偉いですよね・・・
こうやって、まりちゃんのその時の様子・・・
残っている、はる君や蒼君の様子をちゃんとブログに残しているんですから・・・

まだまだ、辛い事と思います・・・
ママさんもう、自分を責めないで下さいね・・・
私もいっぱい自分を責めて後悔もしました・・・
その度に涙が溢れて・・・

でもね・・・ママさん。
泣いてばかりいるとね、まりちゃんが虹の橋の所で
冷たい雨の地域があって・・・そこから出れないんでいるんですって・・・
それを、コメントを貰った人から聞いて・・・
私もココアが・・・
暖かい、お友達のたくさんいる丘で、元気に遊べるようにと願って泣かないようにしています。
もしかしたら・・・今頃・・・
まりちゃんとココア・・・2匹一緒になって走り回ってるかもしれませんね。
そうあってくれてるのなら・・・私もココアが寂しい思いをしてないと思え、
凄く安心してきました。

まりちゃんママさん・・・
私も頑張って・・・近いうちにブログの方も再開しようかと思えるようになりました。
ママさんにもはる君や蒼君がいますよね。
私にも2歳の男の子のミルクもいますので、悲しい顔ばかりみせず頑張ってみますね。

ママさんの優しい思い・・・辛い最中なのに・・
はるちゃんや、動物を飼っているたくさんのブログの人達に届いたと思います。
ママは素晴らしいって、きっと、はるちゃんは鼻高々ですよ♪

お互い頑張りましょうね。
初めてなのに、長々とコメント書いてしまってすいません。
又、コメントさせてもらいますね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはよう~
まりちゃんママえらいね
ちゃんとひとつづつ自分なりに整理して納得しながら行動をしている姿に感動しているよ
人生まだまだ、いつ何が起きるかわからなけれど
何ごとも時間が解決してくれたよね
今は最高につらいけれどみなから応援の言葉をいただけるんだもん
しあわせ!!
そう思おうね
いっぱい泣いていいよ

お空でみ~んなが繋がっているよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

まりちゃんママさんが、この先10年経っても20年経っても
この朝を思い出して色んなことを悔やみ涙されるだろうと思うと
掛ける言葉が見つかりません。
私も20年前に不注意から交通事故で失ってしまった子のことを
いまだに思い、申し訳なさで泣いています。

いつまでも辛い思いは消えませんね。
でも、時が経つにつれ、それ以上に楽しい幸福な思い出が心を
満たしてくれるようになりますね。
楽しかった時のことを思い出して笑顔でいるまりちゃんママさんを
天国のまりちゃんはきっと嬉しそうに眺めているでしょう。
だってまりちゃんは笑顔のママさんが大好きだったでしょうから。

現実としっかり向き合うママさん。
しっかり向き合って思いっきり悲しみ涙してください。
そして一日も早く悲しみの底から抜け出してくださいね。

何度かこちらのブログ拝見させて頂いてました。
この度の、まりちゃんの突然の死、さぞ辛かった事と思います。
まりちゃんのご冥福祈ります…。

今回の日記に「気管虚脱」「咳をしていた」…と、書かれているのにびっくりしました。
どうして、そなような状態の子をクレートに入れて目の届かない場所で平気で寝かせたのか。
気温差が激しい季節、乾燥の季節に
気管の弱い子を放置するのは
ワンコの病気の事を真剣に勉強していたら出来ない事です。
細心の注意をしてても発作は急に起こします。
かなり厳しい事をかきますが、
残された子達の為にも、もっと色々、勉強した方がいいと思います。
ワンコだから、これでいいわ。と思ってるとしか取れない行動です。
今更、一緒に寝ていたらと、思うのは
まりちゃんにとって、すごく辛い事だと思いますよ。
「ママがあの日、一緒に居てくれたら私は苦しまないで今でもママのそばに居れたのに。」
と、言ってますよ。
そんな風にまりちゃんが言わないようにこれからの未来のある子達の事、大切にしてあげてください。

No title

初めてコメントします。
はるくんの親戚です。
まりちゃんが亡くなったことを知って涙が止まりませんでした・・・
ママさんがどれだけまりちゃんを愛していたかはこのブログをみれば伝わっていました。
いろいろ自分を責めてしまうかもしれませんが、まりちゃんは絶対ママを責めていません。責めるはずがありません。だからママももう自分を責めないで!
ママがずっと泣いていたら逆にまりちゃんがママを悲しませてしまっていると天国で心配しちゃうと思うんです。
でもまだいまは泣きたくなったら泣いていいと思います。ママが少しずつ元気になってくれることをまりちゃんが一番に願っています。私もママさんに笑顔が戻ってくるように祈っています。

…あああさんへ
私だってわが子を愛していて健康にも気をつけているけど、同じような状況だったら私だって考えがそこまでまわったかわかりません。それを今、勉強不足だといわれてますがあなたは100%なにが起こっても対処できるように勉強されているんでしょうか・・・
ママさんはこの辛い時にまりちゃんのように悲しい思いをする子がいないように、悲しみをこらえて今日のブログをあげてくれたんですよ。あなたはまりちゃんの気持ちもわかってないし、なによりママを悲しませるような言葉を書いて一番悲しんでるのはまりちゃんですよ!まりちゃんを辛くしてるのはママではなくあなたです。
言っていいこと悪いこと勉強されたほうがいいと思います。物事伝えるにも思いやりや心配りがあっていいのではないでしょうか?

まりちゃんママさん、まりちゃんのことだけ書きたかったのにごめんなさい・・・


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

初めまして、マルチーズ飼いとしてはショックです、まだ3歳て若くしてお星様になってしまったなんて、まりちゃんのご冥福を心からお祈りいたします、家もクレートで寝かせて居ます、でも何かあった時にはすぐ気づけるように傍に置いてます、あああさんの言っている事は正しいと思います、ただ我が子を亡くして一番悲しんで後悔しているのはまりちゃん家族だと思います、それも痛いほど分かります、辛いです。

心を寄せて。。。

色んなことを思いました。
34歳で相次いで実親を看取った時の私のことを思い出して。
兄が大学病院で教えていながらも、守りきれなかったその命。
私も医療人なんです。無念と言う言葉しか見つからなかった。。。
「医者になったのに、親を助けられない!」と、声を震わせていた兄の姿が
今でも鮮明です。
命や寿命や、運命と言う言葉で語ると、抽象的だけど生まれた時から
きっと、まりちゃんにはママさん家族と過ごすという幸せが定まってて
短かったけど、満ち足りたひとときと、かけがえのない思い出を残して行くという
そんな。。。縁を感じました。
あんまりコメントを読まずに書く私なんですが、今ママさんに送れことが出来る言葉って
どんなかな?私ならどんな風に勇気付けられるのがイチバン救われるかな?と
何度も何度も自問自答しました。
みんなみんな今の気持ちやこれからのママさんに必要だって思われながら言葉を
残されるんですよね。
私は、小さな人間なので母が亡くなった時は、心が壊れてしまったんです。
そんな時静かにそばでどんなことでも聞いてくれる方がいました。
あの時、また歩き出せたのは、その方のおかげかもしれません。
今すぐにでも、ママさんのそばで色んなことをうんうんって聞いて差し上げたいです。
きっと悔いもありますね。
はるくんと、あーちゃんのために、立ち上がらないといけないって思いもありますね。
まりちゃんの死の検証は、今では必要ないと思うのです。
現実を受け止めるだけでも充分な苦しみなのに、
そこからは記録というママさんのまりちゃんの歴史でいいと思うのです。
咳はね、心臓由来かもしれないし、気管支由来かもしれないし、物理的な事象かもしれない。
爪の青色はチアノーゼですね。酸素欠乏なんです。
排泄物や粘液は、亡くなると出ると思います。全ての筋が弛緩してから硬直するから。
きっと、心臓由来なら時間が間に合わなくて苦しむ姿を見ちゃってもっとしんどかったと思います。
気管支由来でも、呼吸困難の様子って可愛そうで見てられない。。。
まりちゃんは、ママさん達ご家族の温かさの中で見送られたという最期でいいんだと思います。
まりちゃんママのイチバン心穏やかに負担なく出来る方法で、まりちゃんの死を受け止められて
はるくんと、あーちゃんのこれからに、活かされたらいいと思います。
言葉ひとつひとつをお聞きして、受け止めるお手伝いのそんな時間をと願いながらも
奈良の空から心の緩やかな平安への道のりお祈りしてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

サタネラ☆・゜(まりちゃんママ)

Author:サタネラ☆・゜(まりちゃんママ)
子育ても卒業して今は可愛いマルチーズに夢中です。
趣味はバレエ鑑賞・読書・映画鑑賞
ブログを初めてカメラという新しい趣味も出来ました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。